教育 本 おすすめ

おすすめできる教育に関する本

子供に教育をする上でおすすめできる本があります。福沢諭吉が記した「学問のすすめ」という本もそんな一冊です。この書籍が始めて出版されたのは明治時代のことですが、日本における教育における教育に関する書籍のさきがけとして当時から多くの人に読まれました。累計の売上数は300万部以上になったとも言われています。この書籍には勉強することの大切だけでなく、さまざまな開明的な思想を国民に普及させたことでも知られています。自由や平等の大切さなどもこの書籍では詳しく説明されています。勉学を志す上でそうした開明的な思想を学習することはとても意味があったからです。それまで国内ではほとんどなじみが薄かった権利や義務などの意味も詳細に記述されています。ですから今改めてこの書籍を読み直すことは、人を教えるということの意味をもう一度根底から見つめなおすという意味でもとても意味があります。文明開化の思想の原点がここにあります。

Copyright© 教育 本 おすすめ All Rights Reserved.